フィンガードラマー目線でオーディオインターフェースを考える

フィンガードラマー目線でオーディオインターフェースを考える

超絶久々な記事ですな、やはりブログは僕にはまるで向いてないツールなんだなと思わされております。

うりなみさんに書けと脅されたので、フィンガードラマー目線でオーディオインターフェースに付いて考えてみました。

えっとですね。ほんとにオーディオインターフェース要りますか?w

僕は基本的にそう思っています。

正直音を自分がモニタするだけならば、PCにイヤホンなりヘッドホンなり、スピーカーをジャックにぶっ挿せばなりますよね?

かたちや所有欲で買うならまじでいらねんじゃねーかと思うんですよ。

必要に迫られた時に必要程度のインターフェースを買うでいいんじゃない?って思ってます。

例えばライブをやるとか、誰かと演奏する時に必要になるとかね。

フィンガードラムを練習するだけだったり、大した曲でもないのに、音良くする必要とかありますかね?

まぁこういうこと言ったらいけないんだろうけど、いまさして必要ないものに金をかけるなら、必要なものにお金かけた方がいいと思うんです。

オーディオインターフェースにして、音質が上がった!!ってよくみますけど、でも誰がきくんですかねその曲。

もし10万あっていいオーディオインターフェース買えるとします。でも、大した演奏も出来ない、曲も大してよくない。もしそう思えるなら、スキルを伸ばしたりするものにお金をかけるべきだと僕は考えています。

高いオーディオインターフェースを買ってもそれの恩恵がうけられないならば意味がないんですよ。他に欲しい物が出てきた時、資金繰りの為に売るってのが丸見えです。この現象は正に僕がそうだからです。

今年は馬鹿みたいに機材というか、主にパッドでしたが、購入と売却を繰り返してます。

当たり前ですが、高く買っても売るときは物凄く安くなってしまうんです。

その差額でいい買い物出来たはずなんです。

もしくは、誰かに習うとかね。

なので、目的がない買い物はする必要がない!というのが僕の意見でした。

うりなみさんには申し訳ないなと思いますが、フィンガードラマー目線で考えると、凄い必要なものではないんですよ。

フィンガードラマーに必要なものは、パッドとPCと、ドラムの音源と、スキルです。

あとは、その都度考えるのがよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

生ドラム30年ほどのドラム講師です。maschine mk3も使用中!フィンガードラムによるドラムパートの製作受付中。アイコンはマークさん、ヘッダーは森永さんです。YouTube: http://goo.gl/8zaRjZ