理想のフィンガードラムマシンを考える

理想のフィンガードラムマシンを考える

現状、僕の考える理想のフィンガードラムマシンは、サンプラーという方向性と少し違うかもしれません。

完全にドラム楽器の1つのような考え方のマシンです。電子ドラムに近いですかね?それの指バージョンというかパッドバージョン。

フィンガードラムマシンは、ドラムの音とウワモノが再生出来るようにWAVファイルをアサインできる機能と、曲を丸々再生出来る機能があれば十分。まぁその時点でサンプラーなのか、、。

ただ、マシン自体にサンプリングしたりする能力は要らないです。

クリックが付いていて、イヤホン差し込めて、ラインアウトあったらいいかな。

ベロシティ固定とそうでない設定もできるとよい。

こういう系は、普通にMPCとかでいんだよね。

なるべくサイズがデカくなりたくないっていうのはほんとわかって欲しい。

SDカードくらいは使えるといいよね。

まぁこういう内部的な事は開発者様達が考えに考えてつくるのだろうし、僕はあまり詳しくないので置いときます。

僕がもっともこだわるであろう事は形と使い方。

形に関しては、まず円形がベスト!

何故かというと、わりかしスネアスタンドに置いて叩けると非常に取り回し楽なんです。

スネアスタンドや練習パッドのスタンドはすぐ手に入りますし、安価な物もあります。

四角いと置き方とか、考えなきゃいけないし正直キツイわけです。

僕は無駄にQuik Lockのテーブル買いましたからね、、

円形であればスネアスタンド使い放題なので、まず置く場所に困らなくなる。

大体12インチ~13インチ、いってもスネアのスタンダードサイズの14インチ?これはでかいかな、、

で、スネアスタンド使い放題になっても一個だけ問題があるのです。

スネアスタンドのゴムのこの部分!!

が、じつはフィンガードラムするとき手の平とかにあたって結構というかかなり邪魔になるんす。

なので、叩くパッドの部分は少し盛り上がってると尚良いわけですね。

使い方なんですが、僕の理想というタイトルなので、ただの理想なんですが、フィンガードラムをやるという事に兎に角特化して欲しいんです。

円形にするというのもそうですが、どこでも持っていって練習できるのはありがたいわけです。

フィンガードラムをやる上で1番何に時間を取られるでしょうか?楽器を演奏する人ならほぼ間違いなくその為の練習ですよね?

実際に曲を演奏していくよりも遥かに時間を使うのは練習です。

フィンガードラムの良いところは、生ドラムよりも気軽に、何処でも、沢山練習出来るところにあると思っています。

なので、高機能なものをいまさら作った所でMPCや、MASCHINEの市場にはいまさら入っていけないと思うんですよ。XW-PD1みたいに、、、僕は最高にすきですけど!

なので、そういうトラックメイクする寄りの物ではなく、演奏、もっというとフィンガードラム寄りの、楽器としての機材を作って欲しいんです。

現状だと近いのは、MPC500、MPC live、もっと近かったのはCASIOのXW-PD1でしょうか。

XW-PD1はパッドが小さいのが難点です。

パッドの良いものは今のところMASCHINE MK3かな?

こんな感じでした。

どっかの開発の人つくって!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

生ドラム30年ほどのドラム講師です。maschine mk3も使用中!フィンガードラムによるドラムパートの製作受付中。アイコンはマークさん、ヘッダーは森永さんです。YouTube: http://goo.gl/8zaRjZ