Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その2

Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その2

前回は、練習というより意思表明みたいになってしまい申し訳ありませんでした。

Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その1

しかし、ちゃんと意図を汲んで頂けないとどうしても本題に入れないたちなので、ご了承ください。

曲をまるまるというよりはかいつまんでフィルインやリズムパターンの解説や練習の仕方をやっていくものになります。

では早速練習解説みたいのをして行きたいと思います。

まずはこちらを見て下さい。

https://youtu.be/YjOBkJvauMo?t=8s

きょうはこの最初のフィルの部分を説明します。

イントロ本編はまた次回とさせて頂きます。

この最初の部分だけのパターンの譜面を載せて起きます。

フラムという装飾音符を使ったパターンになっています。

キックが16分裏の位置に入ってきていますが、生ドラムで演奏する場合はなんてことないパターンなのですが、フィンガードラムで演奏となるとなかなかの難しさでした。

いきなりここをクリアしなければ先に進めない訳です。

で、実際にどう叩くかですが、それを説明するにはパッドのレイアウトをお見せする必要がありますので、見て下さい。

こんな感じのレイアウトです。

一応説明しておきますと、、、

・PH(ペダルハット)

・BD(バスドラム、キック)

・OHH(オープンハイハット)

・SD(スネアドラム)

・CHH(クローズドハイハット)

・ミュート(ネタの再生を止める時に使う)

・LCR(左クラッシュシンバル、一般的には16インチ等)

・RCR(右クラッシュシンバル、一般的には18インチ等)

・ネタ(ここでは叩いてみたの為の原曲)

・FT(フロアタム)

・TT(タム、ハイタム)

こんな感じでレイアウトを組みました。

これは今まで説明してきたクロスレイアウトやバーティカルには見えないとおもいますが、この二つの要素が組み込まれた専用レイアウトとなっています。

なぜ専用レイアウトなのかというと、以前話したようにレイアウトは固定しない方がよいという考え方からきていますが、

finger-drum.com/なぜレイアウトを固定してはいけはいのか/

実際何曲も演奏するようなライブの時はある程度自分の許容の許す限り、専用のレイアウトを組むのがよいです。

こういった一曲だけ集中して動画サイトなどへアップするものについては、しっかり練習する事が可能でしょうから専用のレイアウトの方がより良い演奏がしやすいと言えます。

次に、このフレーズを演奏するにあたり、このレイアウトに対してどの指をつかうかがポイントになります。

指のポジョンはこのように構えて下さい。

右手人差し指(7番SD)

右手中指(11番OHH)

左手親指(2番BD)

左手人差し指(6番SD)

このポジョンから指が動く事はありません。

それぞれ任意の指を適切な譜面通りの順番で動かして行きます。

フラムについては詳しい手順というのが存在しますが、ここでは省かせて頂きます。

まず左手人差し指で装飾音符を叩き、同時に鳴らないギリギリで右手人差し指を叩きます。

こんな感じです。タラッという感じに聞こえますよね?これがまず一発目のフラムです。

続いて二発目のキックは左手親指で叩きます。

三発目のOHHは、右手中指です。

そして四発目のキックはまた左手親指で叩きます。

ここまでで、4分音符一拍分になります。

これを3回繰り返し、

4拍目は、

フラムの装飾を同じように左手SDで叩き本音符を右手SDで叩き、8分裏の位置に左手親指でBDを叩きます。

手順指順はこんな感じになります。

練習方法ですが、まずは3回繰り返しになるメインのフラムSDとOHH、BDのコンビネーション練習をひたすら続けて下さい。

まずは、クリックなどは使わずに、ゆっくり自分が把握できる速度で手順指順を馴染ませましょう。

ある程度動くようになってきてかつ、身体に馴染んできたらクリックを使って練習します。

原曲のテンポがおおよそBPM117でしたので、58の8分くらいでクリックを鳴らし、ゆっくりからテンポにはめて練習する事をおすすめします。

そして少しづつテンポを上げて行き117でも繰り返せるようにしましょう。

それができましたら次は1小節まるまる練習に変更します。

クリック無し

BPM100

4拍目は比較的簡単ですので、上記の繰り返し練習ができた場合は逆に楽になると思います。

こちらも上記練習方法と同じようにゆっくりから始め、117到達を目指してください。

如何でしょうか?文章にすると非常に長い説明になります。

このような感じで動画を交え解説していきますので、よろしくお願いします。

Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

生ドラム30年ほどのドラム講師です。maschine mk3も使用中!フィンガードラムによるドラムパートの製作受付中。アイコンはマークさん、ヘッダーは森永さんです。YouTube: http://goo.gl/8zaRjZ