Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その4

Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その4

今回は前回のリズムパターンからのフィルインになります。

Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その3

フィルインの小節のみの解説になりますので、前回のリズムパターンから今回のフィルインへ繋げてみたりしてみてください。

では今回の練習のフレーズはこちらになります。

フィルイン部分はとても一般的な16分音符で構成されているスネアのフレーズです。

こんな感じで叩きます。

レイアウトはこうなっています。

まず1発目のクラッシュシンバルとキックは右手親指BD、右手中指RCR、左手中指LCRを同時に叩きます。

2発目のキックは、左手親指BD。

3発目のハイハットオープンとスネアは、右手中指OHH、右手人差し指SDを同時。

4発目のキックは、左手親指BD。

5発目のハイハットオープンとキックは、右手中指OHH、右手親指BD同時。

6発目以降のスネアの連打は右手人差し指SDと左手人差し指SDで交互にタカタカタカタカ~と叩いて行きます。

上記を音符のタイミングにはめてフレージングにして行きます。

4分音符1拍づつ練習して行きましょう。

1拍目、、、

これは前回の記事でも書きましたが、2個目の16分裏のキックの位置によく注意しましょう。

このキックの性格な位置はこうなります。

ドウウドという唄い方になります。

2拍目、、、

これも前回の記事でやっています。

2つ目のキックの位置が前後にずれないようにしましょう。

3拍目、、、

この形もフィルインとしてよくでてくる形です。

今のうちに手癖にしておきましょう。

ドンタカという感じで唄います。

4拍目、、、

16分の4連打です。シングルストロークを使った基本のフレーズです。

これらを理解できましたら、続けて2拍づつ練習して行きましょう。

1~2拍目、、、

ドンウド タッドンという感じです。

左手のキックの位置がかなり重要になりますので、最後のキックが一個前のキックのタイミングにつられやすくなる傾向にあるので、気をつけましょう。

3~4拍目、、、

ドンタカ タカタカという感じです。

16分の連打は走り易いという特性がありますので、クリックなどを使う場合はキッチリ右手がクリックの音と重なるように意識すると良いです。

今回はこんな感じです。

1~2拍目は、曲調上特性なリズムな感じがしますが、3~4拍目のフィルイン部分は、非常によく使われるフレーズですので、しっかり練習しておくことをお勧めします。

手癖になるレベルで練習してよいと思います。

それでは頑張って練習してください!

Nirvana Nevermind 「Smells Like Teen Spirit」から学ぶフィンガードラムの練習その5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

生ドラム30年ほどのドラム講師です。maschine mk3も使用中!フィンガードラムによるドラムパートの製作受付中。アイコンはマークさん、ヘッダーは森永さんです。YouTube: http://goo.gl/8zaRjZ