ドラムを始めたきっかけ

ドラムを始めたきっかけ

僕が音楽と関わりを持つようになったのは遥か昔の3歳の頃に遡ります。

母がピアノの講師になる為、ピアノのレッスンを受けに行っていたのですが、そこでジュニアクラスもあったので僕もピアノを習っていたのです。

ですが、子供ながらにピアノは女の子がやるもの!ってなぜか勝手に思い込んでいました。

ピアノはあまり好きになれなかった様なのです。 幼稚園に入りクリスマス会の催しの時に小太鼓を担当する事になりました。 練習が凄く楽しかった記憶があります。

しかし、残念な事に僕はリズム感が悪かったらしく、小太鼓の担当を外されシンバルを叩く事になってしまったんです。 子供ながらに凄く悔しく悲しかったのを覚えています。

当時、ザ・ベストテンという歌番組があったのですが、僕は近藤真彦、通称「マッチ」の大ファンでギンギラギンにさりげなくという歌が大好きでした。

その時、後ろで物凄い数の太鼓とシンバルをたった一人で叩いてるおじさんを見つけてしまったのです。

きっと小太鼓が叩けなかったのが悔しく反応してしまったのでしょうか? 母に最速で「これやりたい!!」と言ったそうです。 母は丁度ぼくに和太鼓をやらせたかったらしく、幼い自分が自ら「和」ではなかったにしろ太鼓をやりたい!と言ったのが嬉しかったらしく片っ端からドラム教室を探しては子供も対応してるのか問い合わせてくれました。

当時は、体格の関係から子供も教えますという所が少なかったようです。 母は諦めず探してくれました。 そうしてドラム教室が見つかり、晴れてピアノ教室も辞めることになり、僕のドラム人生がスタートしていきます。当時5歳でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

生ドラム30年ほどのドラム講師です。maschine mk3も使用中!フィンガードラムによるドラムパートの製作受付中。アイコンはマークさん、ヘッダーは森永さんです。YouTube: http://goo.gl/8zaRjZ